BookLive「ブックライブ」ののたり松太郎(28)無料立ち読み


角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!▼第1話/地方巡業の夜▼第2話/“あちょお~っ”▼第3話/のたりのヤル気?▼第4話/給金相撲▼第5話/恩師の消息▼第6話/勝ち越しの後で▼第7話/松包囲網▼番外編/将棋  ●登場人物/坂口松太郎(四股名・荒駒、35歳。伊勢駒部屋の小結。憧れの南先生と結婚したものの、「のたり」な性格はあいかわらず)。田中清(四股名・駒田中、32歳。前頭。ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に)。西尾留次(松太郎とは腐れ縁の仲。伊勢駒部屋に居候している)。伊勢駒親方(元・幕内九枚目。心配性な親方)。阿久津五郎(四股名・駒ケ嶽、25歳。前頭。伊勢駒部屋のホープ)。辻(伊勢駒部屋の新弟子。松太郎の付け人)。南令子(元・中学校の教師。松太郎と結婚し、一児をもうける)。島田先生(松太郎の中学時代の恩師)  ●あらすじ/来る本場所へむけての貴重な稽古場でもある「地方巡業」。しかし、懸賞金も付かない取り組みは、松太郎にとってはたんなるストレスの元でしかない。そこでウサ晴らしにと、付け人の辻をひきつれ、金もないのに街へと繰り出す松太郎。「5千円で飲み放題」という言葉につられて、なにやら怪しげなバーへ足を踏み入れるが……(第1話)。▼怪しげなバーの正体は、やはり地元でも悪名高いぼったくりの店だった! だが、よりにもよって松太郎に因縁をつけてしまうとは……。店の用心棒たちを相手に、テコンドー出身の辻がヤンチャぶりを発揮。松太郎と二人でバーをめちゃくちゃにしてしまう(第2話)。  ●本巻のハイライト/恩師・島田先生の入院を機に、いつになく本気で相撲に取り組む松太郎。目下11戦全勝の松太郎と並ぶのは、横綱・貴ノ華ただひとり。恩師のためにも、この場所を優勝で飾りたい松太郎だが、そうはさせじと双子山一門の力士たちは「反則も辞さず」の構えで、横綱の援護射撃に打って出る(第7話)。なお本巻には、1987年のビッグコミック1月10日号に掲載された番外編「将棋」が掲載されている。
続きはコチラ



のたり松太郎(28)無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


のたり松太郎(28)詳細はコチラから



のたり松太郎(28)


>>>のたり松太郎(28)の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)のたり松太郎(28)の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するのたり松太郎(28)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はのたり松太郎(28)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してのたり松太郎(28)を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)のたり松太郎(28)の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)のたり松太郎(28)を勧める理由

のたり松太郎(28)って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
のたり松太郎(28)普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
のたり松太郎(28)BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にのたり松太郎(28)を楽しむのにいいのではないでしょうか。


漫画が趣味な人からすると、コレクショングッズとしての単行本は価値があるということは理解しておりますが、読めるだけで満足という人であれば、スマホで閲覧できるBookLive「のたり松太郎(28)」の方がいいと思います。
「出版されているすべての漫画が読み放題であれば良いのになあ・・・」という利用者目線の発想を反映するべく、「月に決まった額を払えば個別に支払う必要はない」という形式の電子書籍が誕生したのです。
「手持ちの漫画が増え過ぎて置き場所が確保できないから、買うのを辞めてしまう」という心配が不要なのが、BookLive「のたり松太郎(28)」の特長の1つです。山のように買い入れても、置き場所を考える必要がありません。
長い間きちんと本という形で買っていたというような人も、電子書籍を利用してみた途端、利便性に圧倒されるということが多いと聞きます。コミックサイトも多種多様に存在しますから、兎にも角にも比較してから選ぶようにしましょう。
漫画をたくさん読みたいのなら、コミックサイトが便利だと思います。支払いも非常に容易ですし、新刊を買うために、いちいち本屋に行って事前予約を入れるなんてことも不要になります。




のたり松太郎(28)の情報概要

                    
作品名 のたり松太郎(28)
のたり松太郎(28)ジャンル 本・雑誌・コミック
のたり松太郎(28)詳細 のたり松太郎(28)(コチラクリック)
のたり松太郎(28)価格(税込) 540円
獲得Tポイント のたり松太郎(28)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


このページの先頭へ