BookLive「ブックライブ」ののたり松太郎(17)無料立ち読み


角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!▼第1話/五郎と一雄▼第2話/オイチョカブ▼第3話/阿久津の過去▼第4話/役不足の好敵手?▼第5話/じいさんの危惧▼第6話/千秋楽(らく)前後▼第7話/オシッコ▼第8話/ぬれた徳俵▼第9話/白い木綿の稽古まわし▼第10話/十両どうし▼第11話/ナンマイダブ▼第12話/ぶつかり稽古▼第13話/松の眼▼第14話/干し餅 ●登場人物/坂口松太郎(伊勢駒部屋の力士。ついに念願の十両へ昇進)。田中清(幕下力士。ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に)。西尾留次(松太郎とは腐れ縁の仲。伊勢駒部屋に居候している)。伊勢駒親方(元・幕内九枚目。心配性な親方)。阿久津五郎(伊勢駒部屋へ入門後、めきめきと頭角をあらわし、ただいま三段目。複雑な家庭事情で育ち、一時ぐれていたことがある)  ●あらすじ/松太郎もなんとか名古屋場所を勝ち越しで締めくくり、久々に部屋でくつろぐ伊勢駒部屋の面々。そこへ、阿久津の「弟」と名乗る、不審な来訪者が!? 阿久津とは似ても似つかぬ顔つきの「弟」に、もしや不良時代のよからぬ仲間が因縁をつけにきたのでは……と、詰め寄る松太郎だが!?(第1話)▼自分の過去には固く口を閉ざす阿久津の事情をさぐるため、松太郎は「西尾のじいさん」と阿久津の兄がいるヤクザ事務所へと出向く。しかし、阿久津の兄の帰りを待つうち、例の悪いクセがでて、ヤクザ相手にオイチョカブをはじめた松太郎たちだが……(第2話)。  ●本巻のハイライト/本巻では、気になる阿久津の過去が明らかに(第3話)。一方、めでたく東京場所で十両昇進を決めた田中。続く大阪場所前の稽古では、松太郎に一歩も引けをとらず、力と技の充実ぶりをみせつける(第10話)。
続きはコチラ



のたり松太郎(17)無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


のたり松太郎(17)詳細はコチラから



のたり松太郎(17)


>>>のたり松太郎(17)の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)のたり松太郎(17)の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するのたり松太郎(17)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はのたり松太郎(17)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してのたり松太郎(17)を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)のたり松太郎(17)の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)のたり松太郎(17)を勧める理由

のたり松太郎(17)って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
のたり松太郎(17)普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
のたり松太郎(17)BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にのたり松太郎(17)を楽しむのにいいのではないでしょうか。


電子書籍はクレカで買うので、いつの間にやら料金が高くなっているということがあるようです。ですが読み放題であれば毎月の利用料が一定なので、どれだけ読了したとしても金額が高くなりすぎるなんてことはないのです。
電子書籍の関心度は、日増しに高まりを見せていると言ってもいいでしょう。そんな中で、利用者が右肩上がりで増えているのが読み放題というプランだと聞きます。支払料金を気にせずに済むのが大きなポイントです。
「大体のストーリーを確認してからじゃないと買いたくない」と思っている人からすれば、無料漫画と言いますのはメリットだらけのサービスだと考えていいと思います。運営者側からしましても、新規ユーザー獲得を望むことができます。
漫画の虫だという人からすると、コレクション品としての単行本は大事だということは理解しておりますが、「読むことができればOK」という人だとすれば、スマホで読むことのできるBookLive「のたり松太郎(17)」の方が重宝するはずです。
利益に直結しない無料漫画を敢えて閲覧できるようにすることで、訪問者を増やし収益増に結び付けるのが販売会社サイドの目的というふうに考えられますが、一方の利用者側からしても試し読みができるので、中身をある程度見極められます。




のたり松太郎(17)の情報概要

                    
作品名 のたり松太郎(17)
のたり松太郎(17)ジャンル 本・雑誌・コミック
のたり松太郎(17)詳細 のたり松太郎(17)(コチラクリック)
のたり松太郎(17)価格(税込) 540円
獲得Tポイント のたり松太郎(17)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


このページの先頭へ