BookLive「ブックライブ」の慟哭の海峡無料立ち読み


2013年10月、2人の老人が死んだ。1人は大正8年生まれの94歳、もう1人はふたつ下の92歳だった。2人は互いに会ったこともなければ、お互いを意識したこともない。まったく別々の人生を歩み、まったく知らないままに同じ時期に亡くなった。太平洋戦争(大東亜戦争)時、“輸送船の墓場”と称され、10万を超える日本兵が犠牲になったとされる「バシー海峡」。2人に共通するのは、この台湾とフィリピンの間にあるバシー海峡に「強い思いを持っていたこと」だけである。1人は、バシー海峡で弟を喪ったアンパンマンの作者・やなせたかし。もう1人は、炎熱のバシー海峡を12日間も漂流して、奇跡の生還を遂げた中嶋秀次である。やなせは心の奥底に哀しみと寂しさを抱えながら、晩年に「アンパンマン」という、子供たちに勇気と希望を与え続けるヒーローを生み出した。一方、中嶋は死んだ戦友の鎮魂のために戦後の人生を捧げ、長い歳月の末に、バシー海峡が見渡せる丘に「潮音寺」という寺院を建立する。膨大な数の若者が戦争の最前線に立ち、そして死んでいった。2人が生きた若き日々は、「生きること」自体を拒まれ、多くの同世代の人間が無念の思いを呑み込んで死んでいった時代だった。異国の土となり、蒼い海原の底に沈んでいった大正生まれの男たちは、実に200万人にものぼる。隣り合わせの「生」と「死」の狭間で揺れ、最後まで自己犠牲を貫いた若者たち。「アンパンマン」に込められた想いと、彼らが「生きた時代」とはどのようなものだったのか。“世紀のヒーロー”アンパンマンとは、いったい「誰」なのですか――? 今、明かされる、「慟哭の海峡」をめぐる真実の物語。
続きはコチラ



慟哭の海峡無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


慟哭の海峡詳細はコチラから



慟哭の海峡


>>>慟哭の海峡の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)慟哭の海峡の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する慟哭の海峡を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は慟哭の海峡を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して慟哭の海峡を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)慟哭の海峡の購入価格は税込で「950円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)慟哭の海峡を勧める理由

慟哭の海峡って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
慟哭の海峡普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
慟哭の海峡BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に慟哭の海峡を楽しむのにいいのではないでしょうか。


気軽にアクセスして閲覧することができるのが、無料電子書籍のメリットです。お店まで出掛けて行く必要も、ネットで買い求めた本を郵送してもらう必要もありません。
CDをある程度聞いてから買うように、漫画も試し読みしたのち購入するのが一般的になってきたように感じます。無料コミックサイトを活用して、気にしていたコミックを検索してみて下さい。
一日一日を大切にしたいなら、空き時間をそつなく活用することが必要です。アニメ動画の視聴というのは移動中でもできるので、これらの時間を効果的に使うようにすべきです。
BookLive「慟哭の海峡」の販促方法の1つとして、試し読みが可能という取り組みは画期的なアイデアではないかと思います。時間を気にすることなく物語の大筋を把握できるので、空き時間を上手に利用して漫画を選べます。
連載系の漫画は何冊も購入することになりますので、事前に無料漫画でちょっとだけ読むという人がほとんどです。やはり情報が少ない状態で書籍を買うというのはハードルが高いのでしょう。




慟哭の海峡の情報概要

                    
作品名 慟哭の海峡
慟哭の海峡ジャンル 本・雑誌・コミック
慟哭の海峡詳細 慟哭の海峡(コチラクリック)
慟哭の海峡価格(税込) 950円
獲得Tポイント 慟哭の海峡(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


このページの先頭へ