BookLive「ブックライブ」の凶宅無料立ち読み


山の中腹に建つ家に引っ越してきた、小学四年生の日々乃翔太。周りの家がどれも未完成でうち棄てられていることに厭な感覚を抱くと、暮らし始めて数日後、幼い妹が妙なことを口にする。この山に棲んでいるモノが、部屋に来たというのだ。それ以降、翔太は家の中で真っ黒な影を目撃するようになる。怪異から逃れるため、過去になにが起きたかを調べ始めた翔太は、前の住人の残した忌まわしい日記を見つけ――。“最凶”の家ホラー。
続きはコチラ



凶宅無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


凶宅詳細はコチラから



凶宅


>>>凶宅の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)凶宅の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する凶宅を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は凶宅を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して凶宅を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)凶宅の購入価格は税込で「734円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)凶宅を勧める理由

凶宅って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
凶宅普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
凶宅BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に凶宅を楽しむのにいいのではないでしょうか。


鞄を持ち歩くことを嫌う男性陣にとって、スマホで無料電子書籍を満喫できるというのはすごく助かります。言ってみれば、ポケットにインして本を携帯できるというわけなのです。
お店の中などでは、チョイ読みするだけでも恥ずかしいという漫画でも、無料漫画コンテンツを提供している電子書籍であれば、楽しめるかをしっかり確認した上で判断することができるので、失敗がありません。
不要なものは捨て去るというスタンスが世間に賛同されるようになったと言える今現在、本も書物形態で携帯せず、BookLive「凶宅」を活用して読む人が増えているようです。
BookLive「凶宅」が中高年層に人気を博しているのは、若かりし日に幾度となく読んだ漫画を、また容易くエンジョイできるからに違いありません。
スマホで閲覧できるBookLive「凶宅」は、出掛ける時の持ち物を減らすのに役立つと言っていいでしょう。リュックやカバンの中などに読みたい本を入れて持ち運ぶなどしなくても、自由に漫画を見ることができるわけです。




凶宅の情報概要

                    
作品名 凶宅
凶宅ジャンル 本・雑誌・コミック
凶宅詳細 凶宅(コチラクリック)
凶宅価格(税込) 734円
獲得Tポイント 凶宅(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


このページの先頭へ