BookLive「ブックライブ」の侵略する豚無料立ち読み


ある日、太平洋を越えて種豚がやってきた。本書は食をめぐる本格ノンフィクションであり、同時に日米の貿易問題を理解する解説書です。「侵略する豚」は、小学館のWEBマガジン「ブックピープル」で57回にわたり連載されました。その間誕生したトランプ政権はTPP離脱を決め、それに代わる日米交渉はさらに厳しくなると予想されています。また、中国国家主席の習近平は米国との距離を縮め、著者の分析通りなら食料戦略で足並みをそろえようとしています。その米中の意図と日本が抱えるリスクを、著者は豚肉を題材に徹底取材しました。日本が豚肉の市場として米中の草刈り場になるのではないか、いやそれどころか食料自給率がどんどん下がり、日本は米中に胃袋をつかまれ身動きが取れなくなるのではないか―。取材を元に著者はそう警鐘を鳴らします。幕末の日本を皮切りに、アメリカへ中国へ。緻密な資料調査と丹念な取材で、時空をまたぐ物語となった本作品。1960年代、アメリカの種豚が援助の名の下に日本に送られたエピソードは圧巻です。
続きはコチラ



侵略する豚無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


侵略する豚詳細はコチラから



侵略する豚


>>>侵略する豚の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)侵略する豚の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する侵略する豚を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は侵略する豚を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して侵略する豚を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)侵略する豚の購入価格は税込で「1360円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)侵略する豚を勧める理由

侵略する豚って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
侵略する豚普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
侵略する豚BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に侵略する豚を楽しむのにいいのではないでしょうか。


電子書籍の関心度は、ここ1~2年特に高くなってきているようです。そうした状況において、利用者が確実に増えているのが読み放題というプランだと教えてもらいました。支払い代金を気にすることなく読むことができるのが嬉しい点です。
コミックを楽しみたいなら、コミックサイトが一押しです。購入手続きも非常に簡単ですし、新しく出る漫画を買い求めたいということで、いちいち書店で予約を入れる必要もありません。
本を買うと、そう遠くない時期に保管に苦労するという問題にぶつかります。けれども形のないBookLive「侵略する豚」であれば、本棚の空きがないと悩む必要性がないため、狭い部屋でも気にすることなく楽しめるというわけです。
BookLive「侵略する豚」を楽しみたいなら、スマホが重宝します。パソコンは重たすぎるので持ち歩けませんし、タブレットも電車内などで閲覧するような場合には、大きすぎて使いづらいと言えるのではないでしょうか。
実写化で話題の漫画も、無料コミックで試し読みできます。スマホやノートブック上で読むことが可能ですから、他人にバレたくないとか見られると気恥ずかしい漫画も密かに楽しめます。




侵略する豚の情報概要

                    
作品名 侵略する豚
侵略する豚ジャンル 本・雑誌・コミック
侵略する豚詳細 侵略する豚(コチラクリック)
侵略する豚価格(税込) 1360円
獲得Tポイント 侵略する豚(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


このページの先頭へ