BookLive「ブックライブ」の元号無料立ち読み


新元号を迎えるにあたって、知っておきたい247元号をすべて網羅! 日本史の資料として歴史ファン必携の1冊。●いま元号を使っている国は世界中で日本だけ ●元号に使われた漢字は意外や意外、わずかに72文字だった! ●一番多く使われた漢字は? 29回の「永」●なんとっ! 多くの元号の正確な読みが分かっていない ●「平成」の「成」は元号で初めて使用された漢字だった ●初めての元号「大化」はクーデターがきっかけ ●国内初の金産出というウソで決まった「大宝」 ●長屋王の祟りを恐れて「神亀」から「天平」に ●大地震で「元禄」から「宝永」に改元するも富士山大噴火! などなど、多くの日本人が知らない元号の秘密がすべてわかる、まさに「元号トリビア」!
続きはコチラ



元号無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


元号詳細はコチラから



元号


>>>元号の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)元号の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する元号を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は元号を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して元号を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)元号の購入価格は税込で「1512円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)元号を勧める理由

元号って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
元号普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
元号BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に元号を楽しむのにいいのではないでしょうか。


店頭販売では、棚の面積の関係で並べることができる書籍数が制限されてしまいますが、BookLive「元号」ならそういった制約がないため、オタク向けの書籍も販売できるのです。
クレカで購入する電子書籍は、あれよあれよという間に買い過ぎてしまっているという可能性があるのです。けれども読み放題でしたらあらかじめ料金が決まっているので、どんなに読んだとしても金額が高くなりすぎることは皆無です。
BookLive「元号」を使えば、家の中に本棚のスペースを確保することは不要になります。最新の本が出ていないかと本屋へ出向く時間も節約できます。こうした背景から、顧客数が増加していると言われています。
BookLive「元号」を読むのであれば、スマホが最適です。PCは持ち歩けませんし、タブレットもバスや電車などの混雑した中で読むというような時には不向きだと考えられるからです。
移動時間などを埋めるときにピッタリなサイトとして、ブームとなっているのがBookLive「元号」だそうです。本屋に通って漫画を買わなくても、スマホでアクセスすることで購読できてしまうという部分が強みです。




元号の情報概要

                    
作品名 元号
元号ジャンル 本・雑誌・コミック
元号詳細 元号(コチラクリック)
元号価格(税込) 1512円
獲得Tポイント 元号(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


このページの先頭へ