BookLive「ブックライブ」の死体に聴け無料立ち読み


東京都の監察医となって数多くの「死体」と対面してきた著者が「死」とは何かを語る。監察医とは意外なことに事件性のはっきりした死体は解剖しない。いわゆる「変死体」と言われる死因のはっきりしない死体と向き合う。それだけに、その死から様々なドラマを読むことになる。誰にも看取られずに死んだ独居老人、溺れて死んだ子供、ミイラ化した死体、五寸釘を心臓に刺して自殺した男などなど。テレビのサスペンスドラマがよりいっそう興味深いものになるのは間違いない。ベストセラー『死体は語る』に続く監察医のモノローグ。
続きはコチラ



死体に聴け無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


死体に聴け詳細はコチラから



死体に聴け


>>>死体に聴けの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)死体に聴けの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する死体に聴けを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は死体に聴けを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して死体に聴けを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)死体に聴けの購入価格は税込で「529円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)死体に聴けを勧める理由

死体に聴けって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
死体に聴け普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
死体に聴けBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に死体に聴けを楽しむのにいいのではないでしょうか。


スマホ上で読む電子書籍は、ご存知かと思いますが文字のサイズを自分用に調節することが可能ですから、老眼で近場が見えない60代以降の方でも、十分楽しむことができるという長所があるのです。
老眼が進んで、目の前の文字がぼやけて見えるようになってきたという読書が生きがいの高齢の方には、スマホで電子書籍を読むことができるというのは、本当に画期的なことなのです。文字のサイズを自分に合わせられるからです。
本を買う代金は、1冊あたりの代金で見れば安いかもしれませんが、何十冊も買えば月単位の合計金額は大きくなってしまいます。読み放題であれば固定料金なので、出費を抑制することができます。
コミックサイトの一番のセールスポイントは、ラインナップの数が書店よりもずっと多いということではないでしょうか?商品が売れ残るリスクが発生しない分、多岐に亘る商品を扱うことができるのです。
よく漫画を買うなら、コミックサイトが重宝するでしょう。買うときの決済も超簡単ですし、新たに出版されるコミックを買い求めたいがために、その度毎にショップで事前予約を入れることも不要になります。




死体に聴けの情報概要

                    
作品名 死体に聴け
死体に聴けジャンル 本・雑誌・コミック
死体に聴け詳細 死体に聴け(コチラクリック)
死体に聴け価格(税込) 529円
獲得Tポイント 死体に聴け(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


このページの先頭へ