BookLive「ブックライブ」のどこと組むかを考える成長戦略型M&A ――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現無料立ち読み


売るか買うかではない。大切なのはどこと組んで成長するか。 日本における中堅・中小企業M&Aの潮流は、後継者不在による事業承継型から、会社の成長を実現する手段としてM&Aを選択する成長戦略型へと移行しつつある。社会の産業構造が激変、ビジネスにおいてカテゴリーを越えた「異種格闘技戦」ともいえる状況が繰り広げられているいま、中堅・中小やベンチャー企業が勝ち残るには、自社のステージを引き上げるためのパートナー選びが重要だ。そのためには、まずは会社を「売る」か「買う」かという思考を捨て、ゼロベースでのM&A戦略を考える必要がある。 本書では、M&Aにより会社・社員・経営者すべての成長と、経営者の新たなステージへの挑戦を可能にした最新の8社の事例と、IPO(株式公開)と変わらない効果を実現するためのM&A=「ミニIPO」の知恵と考え方を紹介。日本におけるM&Aの最前線を知るだけでなく、アフターオリンピックを見据えるための一冊でもある。【目次より】第1話◆「成長戦略型M&A」とは何か?第2話◆「価値情報」を活用できる会社が勝ち残る第3話◆人の成長なくして企業の成長なし第4話◆大手企業と組んで中間流通業から脱却第5話◆ファンドを活用したM&Aで会社を成長させる
続きはコチラ



どこと組むかを考える成長戦略型M&A ――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


どこと組むかを考える成長戦略型M&A ――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現詳細はコチラから



どこと組むかを考える成長戦略型M&A ――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現


>>>どこと組むかを考える成長戦略型M&A ――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)どこと組むかを考える成長戦略型M&A ――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するどこと組むかを考える成長戦略型M&A ――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はどこと組むかを考える成長戦略型M&A ――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してどこと組むかを考える成長戦略型M&A ――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)どこと組むかを考える成長戦略型M&A ――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現の購入価格は税込で「1620円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)どこと組むかを考える成長戦略型M&A ――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現を勧める理由

どこと組むかを考える成長戦略型M&A ――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
どこと組むかを考える成長戦略型M&A ――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
どこと組むかを考える成長戦略型M&A ――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にどこと組むかを考える成長戦略型M&A ――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現を楽しむのにいいのではないでしょうか。


色んなジャンルの書籍を読み漁りたいという方にすれば、何冊も買うというのは金銭的ダメージが大きいのではないでしょうか?でも読み放題であれば、本の購入代金を大幅に抑えることも適うのです。
一口に無料コミックと言っても、買い求めることができるジャンルは広範囲に及びます。少年漫画からアダルトまで揃っているので、あなたの好きな漫画がきっと発見できると思います。
まだ幼いときに読みふけった懐かしさを感じる漫画も、BookLive「どこと組むかを考える成長戦略型M&A ――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現」として読むことができます。地元の本屋では見ない漫画も数多く見受けられるのが特色だと言うわけです。
他のサービスに打ち勝って、ここまで無料電子書籍サービスというものが人気を博している理由としては、地元の本屋が少なくなっているということが想定されます。
一般的な書店では、展示スペースの関係で扱える漫画の数に限界がありますが、BookLive「どこと組むかを考える成長戦略型M&A ――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現」なら先のような制限がないため、今はあまり取り扱われない作品も販売できるのです。




どこと組むかを考える成長戦略型M&A ――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現の情報概要

                    
作品名 どこと組むかを考える成長戦略型M&A ――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現
どこと組むかを考える成長戦略型M&A ――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現ジャンル 本・雑誌・コミック
どこと組むかを考える成長戦略型M&A ――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現詳細 どこと組むかを考える成長戦略型M&A ――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現(コチラクリック)
どこと組むかを考える成長戦略型M&A ――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現価格(税込) 1620円
獲得Tポイント どこと組むかを考える成長戦略型M&A ――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


このページの先頭へ