BookLive「ブックライブ」の「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる 共感から始まる顧客価値創造無料立ち読み


どんなものでもブランドにできる! 「ブランドって何?」と聞かれて、誰もが思い浮かべるのは、iPhone、トヨタ、Google、ユニクロ、セブン-イレブンなどの大企業が提供する商品やサービスでしょう。 しかし、どこにでもある、なんでもないもの、とてもブランドになんかなりそうにないものでも、ブランドにすることは可能です。 軍手、タオル、キャンドル、印鑑、クリーニング店、保育園……。 本書には書名の通り「こんなもの誰が買うの?」と言いたくなるような、ごくフツーの商品やサービスが、確かなブランドに育っていく過程が紹介されます。 では「ブランドになる」「ブランドにならない」を分けるものは何でしょうか。それは、「世界観」と「共感」と「熱」です。1人1台スマホを持ち、24時間つながりっぱなしの時代。ものすごく狭いターゲットの、マニアックな商品でも、1人のお客様にしっかりと届けば、 共感のウィルスが、エコシステム(ビジネスの生態系)を通じて、 無限に拡大していくのです。 本書は阪本氏の過去の著作、『もっと早く受けてみたかったブランドの授業』(2004)『気づいた人はうまくいく』(2008)『共感企業』(2010)『「たった1人」を確実に振り向かせると、100万人に届く』(2013)等で展開してきた考察を進化させ、ソーシャル・ネットワーク時代の新たなブランド論として世に問うものです。
続きはコチラ



「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる 共感から始まる顧客価値創造無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる 共感から始まる顧客価値創造詳細はコチラから



「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる 共感から始まる顧客価値創造


>>>「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる 共感から始まる顧客価値創造の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる 共感から始まる顧客価値創造の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる 共感から始まる顧客価値創造を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる 共感から始まる顧客価値創造を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる 共感から始まる顧客価値創造を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる 共感から始まる顧客価値創造の購入価格は税込で「1728円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる 共感から始まる顧客価値創造を勧める理由

「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる 共感から始まる顧客価値創造って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる 共感から始まる顧客価値創造普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる 共感から始まる顧客価値創造BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる 共感から始まる顧客価値創造を楽しむのにいいのではないでしょうか。


電子書籍については、気が付いた時には料金が高くなっているということがあるようです。ところが読み放題だったら毎月の支払いが固定なので、読み過ぎても料金が高くなることは皆無です。
「小さなスマホの画面では読みにくいということはないのか?」とおっしゃる人もいるのは確かですが、その様な人もBookLive「「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる 共感から始まる顧客価値創造」をDLしスマホで閲覧してみれば、その素晴らしさに驚かされる人が多いです。
漫画や小説などを買うと、そう遠くない時期に仕舞う場所がなくなってしまうという問題が発生することになります。ところが実体を持たないBookLive「「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる 共感から始まる顧客価値創造」なら、整理整頓に困ることがないので、気軽に読むことができるわけです。
毎月の利用額が決まっているサイト、登録不要のサイト、1冊毎販売しているサイト、無料にて読むことができる作品が豊富なサイトなど、コミックサイトもそれぞれ違いがあるので比較してみてください。
BookLive「「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる 共感から始まる顧客価値創造」の販促方法の1つとして、試し読みができるというシステムは画期的なアイデアではないかと思います。いつ・どこでも本の中身を読むことができるので隙間時間を賢く利用して漫画を選択できます。




「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる 共感から始まる顧客価値創造の情報概要

                    
作品名 「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる 共感から始まる顧客価値創造
「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる 共感から始まる顧客価値創造ジャンル 本・雑誌・コミック
「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる 共感から始まる顧客価値創造詳細 「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる 共感から始まる顧客価値創造(コチラクリック)
「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる 共感から始まる顧客価値創造価格(税込) 1728円
獲得Tポイント 「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる 共感から始まる顧客価値創造(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


このページの先頭へ