BookLive「ブックライブ」の赤異本と黒異本無料立ち読み


「鬼畜島」外薗昌也が集めた怪談集、「異本」シリーズ。いわくつきで過去のコミカライズに入れられなかったとっておきの作品を外薗昌也が指名したホラー界の異才・呪みちる、鯛夢が待望の漫画化。夢の競演! 大胆アレンジにも注目! 【僕の家/鯛夢 ~「赤異本」「黒異本」『僕の家』『僕の家 後日談』より】故郷宮崎に帰った「僕」は実家が引っ越していたことを知る。父が相談もせずに購入していたマイホームは近所ではお化け屋敷とよばれ、どうやら老婆の霊がでるようで…? 家が、家族が、憑かれ、正気を失っていく! 語ってはいけない、アブナイ物件の話。 【地獄腐女子/呪みちる ~「赤異本」『腐女子地獄』より~】BL作家O先生のところにやってきたアシスタントマユ子。マユ子はO先生の熱烈なファンで、そのいきすぎた愛ゆえにどんどんアトリエを乱していく。オカルティックなマユ子によってしかけられた呪いとは? 【ビラビラ/呪みちる ~「黒異本」『団地 その後のその後』より~】幼い頃おじに連れて行ってもらったショッピングモールのオープニングで見たビラビラの怪物。大人になり、叔父の口から語られたそのビラビラの正体は、施工業者が起こしてしまった惨い死亡事故が原因のようで…。
続きはコチラ



赤異本と黒異本無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


赤異本と黒異本詳細はコチラから



赤異本と黒異本


>>>赤異本と黒異本の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)赤異本と黒異本の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する赤異本と黒異本を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は赤異本と黒異本を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して赤異本と黒異本を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)赤異本と黒異本の購入価格は税込で「648円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)赤異本と黒異本を勧める理由

赤異本と黒異本って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
赤異本と黒異本普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
赤異本と黒異本BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に赤異本と黒異本を楽しむのにいいのではないでしょうか。


BookLive「赤異本と黒異本」がアダルト世代に高評価を得ているのは、中高生だったころに何度も読んだ作品を、もう一度サクッと楽しめるからだと言えるでしょう。
「漫画の所持数が多すぎて難儀しているので、買うのを躊躇ってしまう」ということがありえないのが、BookLive「赤異本と黒異本」を一押しする要因です。いくら買ったとしても、整理整頓を考える必要がありません。
BookLive「赤異本と黒異本」のサイトによりいろいろですが、1巻のすべてを無料で試し読みすることが可能というところも見られます。まず1巻を読んで、「面白いと感じたのであれば、続きの巻をお金を支払って買い求めてください」という営業戦略です。
コミック本は、読んでしまった後に古本買取専門店などに売却しようとしても、数十円にしかなりませんし、読み返そうと思った時に大変なことになります。無料コミックなら、場所は不要なので片付けに悩むことがなくなります。
登録者数がどんどん伸びているのがネットで読めるコミックサイトです。少し前までは漫画を単行本で買うという人がほとんどでしたが、電子書籍という形式で買ってエンジョイするという方が増加しています。




赤異本と黒異本の情報概要

                    
作品名 赤異本と黒異本
赤異本と黒異本ジャンル 本・雑誌・コミック
赤異本と黒異本詳細 赤異本と黒異本(コチラクリック)
赤異本と黒異本価格(税込) 648円
獲得Tポイント 赤異本と黒異本(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


このページの先頭へ