BookLive「ブックライブ」の死者の書無料立ち読み


水の音と共に闇の中で目覚めた死者、滋賀津彦(大津皇子)。一方、藤原南家豊成の娘・郎女は写経中のある日、二上山に見た俤に誘われ女人禁制の万法蔵院に足を踏み入れる。罪を贖う間、山に葬られた滋賀津彦と彼が恋う耳面刀自の物語を聞かされた郎女の元に、「つた つた つた」滋賀津彦の亡霊が訪れ――。ふたつの魂の神秘的な交感を描く、折口の代表的小説。折口信夫の弟子で折口学の研究者として著名な故・池田弥三郎氏による詳細な補注、さらには作品執筆のきっかけとなった『山越阿弥陀図』および『當麻曼陀羅』をカラー口絵に収録。『死者の書』の決定版。
続きはコチラ



死者の書無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


死者の書詳細はコチラから



死者の書


>>>死者の書の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)死者の書の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する死者の書を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は死者の書を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して死者の書を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)死者の書の購入価格は税込で「993円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)死者の書を勧める理由

死者の書って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
死者の書普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
死者の書BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に死者の書を楽しむのにいいのではないでしょうか。


このところ、電子書籍業界では画期的な「読み放題」というサービスが提供され注目を浴びています。1冊単位でいくらというのではなく、毎月いくらという料金徴収方式を採っているわけです。
漫画と言えば、「10代向けに作られたもの」だと考えているかもしれません。だけどもこのところのBookLive「死者の書」には、お母さん・お父さん世代が「青春を思いだす」という感想を漏らすような作品も山のようにあります。
BookLive「死者の書」を堪能するなら、スマホが便利です。パソコンは持ち歩くことができませんし、タブレットもバスなど人混みの中で読むという場合には、大きすぎて利用しにくいと言えるでしょう。
スマホを持っていれば、BookLive「死者の書」を時間に関係なく漫喫できます。ベッドに横たわりながら、目が重くなるまでのリラックスタイムに読むという人が多いようです。
コミックは、お店で触りだけ読んで買うか否かを確定する人が多いらしいです。ただし、最近ではBookLive「死者の書」にて1巻を購入し、その本について買う・買わないを決める方が増えてきています。




死者の書の情報概要

                    
作品名 死者の書
死者の書ジャンル 本・雑誌・コミック
死者の書詳細 死者の書(コチラクリック)
死者の書価格(税込) 993円
獲得Tポイント 死者の書(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


このページの先頭へ