BookLive「ブックライブ」の死と砂時計無料立ち読み


死刑執行前夜、なぜ囚人は密室状態の独房で斬殺されたのか? どうして囚人は、人目につく満月の夜を選んで脱獄を決行したのか? 墓守が自ら一度埋めた死体を再び掘り返して解体した動機は――。世界各国から集められた死刑囚を収容する特殊な監獄に収監された青年アランは、そこでシュルツ老人に出会う。明晰な頭脳を持つシュルツの助手となった彼は、監獄内で起きる不可思議な事件の調査に係わっていく――。終末監獄を舞台に奇想と逆説が全編を覆う、異形の本格ミステリ。第16回本格ミステリ大賞受賞作。/解説=円堂都司昭
続きはコチラ



死と砂時計無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


死と砂時計詳細はコチラから



死と砂時計


>>>死と砂時計の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)死と砂時計の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する死と砂時計を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は死と砂時計を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して死と砂時計を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)死と砂時計の購入価格は税込で「789円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)死と砂時計を勧める理由

死と砂時計って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
死と砂時計普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
死と砂時計BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に死と砂時計を楽しむのにいいのではないでしょうか。


どういった話なのかが分からないという状態で、タイトルと著者名だけで漫画を買うのは極めてリスキーです。0円で試し読みができるBookLive「死と砂時計」というサービスを利用すれば、ざっくり内容を確認した上で購入の判断が下せます。
読み放題プランというサービスは、電子書籍業界からしたら本当に斬新なトライアルです。ユーザーにとっても制作者にとっても、良い面が多いと言えるのではないでしょうか。
漫画雑誌と言うと、「少年少女向けに描かれたもの」という印象を持っているかもしれないですね。だけれど最近のBookLive「死と砂時計」には、アラサー・アラフォーの方が「感慨深いものがある」という感想を漏らすような作品も複数あります。
移動中などの手空きの時間に、無料漫画をチョイ読みして自分に合いそうな本をピックアップしておけば、後日時間に余裕がある時に手に入れて続きを楽しむこともできるといわけです。
BookLive「死と砂時計」の販促方法の1つとして、試し読みができるというサービスは文句なしのアイデアだと考えます。時間を忘れて大雑把なあらすじを閲覧できるので、ちょっとした時間を賢く利用して漫画を選定することができます。




死と砂時計の情報概要

                    
作品名 死と砂時計
死と砂時計ジャンル 本・雑誌・コミック
死と砂時計詳細 死と砂時計(コチラクリック)
死と砂時計価格(税込) 789円
獲得Tポイント 死と砂時計(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


このページの先頭へ