BookLive「ブックライブ」の瓶詰めの過去無料立ち読み


三十年前に幼い二人の心をとらえた緑色の小瓶、その秘密が明らかにされたとき… わたしはこっそりと、例の小部屋に忍び込んだ。緑色の小瓶をポケットに仕舞うと、抜き足差し足で研究所を出、あとは一目散に林の中を駆け抜けたのだ。怖ろしかった。自分の行為が怖ろしかったのか、それは忘れた。木々の間から斜光になって射し込む陽光まで、無気味に思えたのを憶えている。(「瓶詰めの過去」より) 読者を驚かせる逆転ストーリーの数々。切れ味鋭い本格ミステリ10篇を収録。*旅先の女*おやすみなさい、永遠に*六年ぶりの夫*瓶詰めの過去*木の上の眼鏡*バラの中の死*黒い火*炎天下の密室*ひき逃げ*ネガティブ●日下圭介(くさか・けいすけ)1940年和歌山県生まれ。早稲田大学第一商学部卒。1965年朝日新聞社に入社。1975年『蝶たちは今…』で第21回江戸川乱歩賞を受賞。1982年『鶯を呼ぶ少年』『木に登る犬』で日本推理作家協会賞・短編賞を受賞。その後作家活動に専念し、『黄金機関車を狙え』などの近代史ミステリーで新境地を開く。
続きはコチラ



瓶詰めの過去無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


瓶詰めの過去詳細はコチラから



瓶詰めの過去


>>>瓶詰めの過去の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)瓶詰めの過去の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する瓶詰めの過去を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は瓶詰めの過去を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して瓶詰めの過去を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)瓶詰めの過去の購入価格は税込で「486円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)瓶詰めの過去を勧める理由

瓶詰めの過去って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
瓶詰めの過去普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
瓶詰めの過去BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に瓶詰めの過去を楽しむのにいいのではないでしょうか。


漫画を読みたいなら、コミックサイトが一押しです。支払いも楽勝ですし、最新本を買うために、労力をかけてショップで事前予約を入れるなどという手間も省けます。
「電子書籍は好きじゃない」と言われるビブリオマニアも稀ではないようですが、一度でもスマホを利用して電子書籍を閲覧すると、持ち運びの便利さや支払いの簡単さからリピーターになってしまう人がほとんどだとのことです。
小学生時代に何度も読み返した思い入れの強い漫画も、BookLive「瓶詰めの過去」としてDLできます。近所の本屋では扱われない漫画も数多くあるのが凄いところだと言い切れます。
本離れが指摘されるようになって久しいですが、電子書籍は画期的な仕組みを採り入れることで、購入者数を増加させています。前代未聞の読み放題という売り方が数多くの人に支持されたのです。
スマホで閲覧できるBookLive「瓶詰めの過去」は、外出時の持ち物を少なくするのに役立ちます。リュックやカバンの中などに見たい本を何冊も入れて持ち運ぶようなことをしなくても、手軽に漫画をエンジョイすることができるわけです。




瓶詰めの過去の情報概要

                    
作品名 瓶詰めの過去
瓶詰めの過去ジャンル 本・雑誌・コミック
瓶詰めの過去詳細 瓶詰めの過去(コチラクリック)
瓶詰めの過去価格(税込) 486円
獲得Tポイント 瓶詰めの過去(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


このページの先頭へ