BookLive「ブックライブ」のスポットライトをぼくらに無料立ち読み


「寂しい大人になりたくない」吉谷美鈴。「馬鹿な大人になりたくない」雨宮達彦。「ぼくは一体、どんな大人になりたいんだろう」と、本書の主人公・秋庭樹。中学2年の4月、進路指導調査書を白紙で提出したことを、担任からとがめられ、樹は自分の将来について、否応なしに考え始める。実業家である父親は、小さな建設会社を足場に、高利の貸付、土地の売買、レストラン・スナックの経営などで成功をおさめていたが、地元の人からはよく思われてない。父が経営する店の一つ、トップレスバー〈フラワーヘブン〉の踊り子・ナンシーさんの踊りを見て以来、彼女のことが気になって仕方がない――。幼なじみである、成績抜群なのにどこか冷めている達彦・病弱な母に変わって家庭をやりくりする美鈴。地方都市の小さな町を舞台に、中学2年生の幼馴染み3人組が、迷い、悩み、成長していく姿を瑞々しく描く。文庫化を機に、19年ぶりに大幅改稿。5年後の3人を描いた中篇「フラワーヘブン」を特別収録。あさのあつこの原点ともいえる、傑作青春小説。
続きはコチラ



スポットライトをぼくらに無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


スポットライトをぼくらに詳細はコチラから



スポットライトをぼくらに


>>>スポットライトをぼくらにの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)スポットライトをぼくらにの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するスポットライトをぼくらにを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はスポットライトをぼくらにを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してスポットライトをぼくらにを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)スポットライトをぼくらにの購入価格は税込で「600円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)スポットライトをぼくらにを勧める理由

スポットライトをぼくらにって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
スポットライトをぼくらに普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
スポットライトをぼくらにBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にスポットライトをぼくらにを楽しむのにいいのではないでしょうか。


先に中身を確かめることができるのだったら、買った後につまらなかったと後悔することが少ないはずです。普通の本屋さんで立ち読みをするように、BookLive「スポットライトをぼくらに」でも試し読みを行なうことで、中身を知ることができます。
昨今注目を集めているアニメ動画は、若者だけが楽しむものではなくなりました。アニメを見る習慣がない人が見ても十分楽しめるストーリーで、心を打つメッセージ性を秘めたアニメもかなり揃っています。
無料漫画が楽しめるという理由で、利用者が増加するのは当然の結果です。店頭とは異なり、他人の目を意識することなく立ち読みできるというのは、電子書籍だからこその利点だと断言できます。
放映されているものをリアルタイムで見るのは困難だとおっしゃる方でも、無料アニメ動画として配信されているものなら、あなた自身の空いている時間を使って視聴することが可能です。
書店には置かれないといった少し前に流行った作品も、電子書籍では扱われています。無料コミックのラインナップには、40代以上の世代が学生時代に満喫した漫画もあったりします。




スポットライトをぼくらにの情報概要

                    
作品名 スポットライトをぼくらに
スポットライトをぼくらにジャンル 本・雑誌・コミック
スポットライトをぼくらに詳細 スポットライトをぼくらに(コチラクリック)
スポットライトをぼくらに価格(税込) 600円
獲得Tポイント スポットライトをぼくらに(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


このページの先頭へ