BookLive「ブックライブ」のラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016無料立ち読み


ラジオは私にとって、幼い頃から聞いていた大切な仲間。スピーカーから流れてくる音楽を口ずさみ、踊り、微笑み、時に涙する。そして、ラジオに恋して…。本書では、そんな愛おしいラジオのお話や、私がラジオDJになるまでの経緯を大いに語らせていただきます。(本文「はじめに」より)1980年代、なぜみんながFMラジオを聞いていたのか。開局当時、東京で聴くことのできるおしゃれなラジオとして、たちまち人気を博したJ-WAVE。街中のあらゆるところでラジオが流れ、世界中の音楽がたくさんの人たちへ届けられていました。バブル絶頂期にあった創設当時の情景や、超大物アーティストとの交流(デビット・カッパーフィールド、ジェイムス・テイラー、デヴィッド・フォスター、ヴァン・ヘイレン、ジャクソン・ブラウン、エンヤ、セリーヌ・ディオン、オジー・オズボーン、タック&パティ等々)。とっておきのエピソードを初代DJ ルーシー・ケントさんに綴っていただきました。★パックンが絶賛! 1988年に開局したJ-WAVEの初代DJルーシー・ケント氏の初のエッセイ本。ラジオ好き、音楽好きは、懐かしくも新鮮に当時を思い出せる秘話が満載です。【目次】第1章 開局J-WAVEというラジオの金字塔第2章 世界中のアーティストがあのスタジオにいた第3章 いまでも電波にのせて届けたい話第4章 私はラジオに育ててもらった第5章 ラジオと出会う前、時は60年代に遡るDJ特別対談 ルーシー・ケント×ジェームス天願 ぼくたちは西麻布ではじめて出会った【著者プロフィール】ルーシー・ケント(LucyKent)アメリカ人と日本人の両親を持つ。アメリカ生まれ。3歳の時東京に移住。8歳の頃、原宿でスカウトされ、雑誌・ポスター・TVCM・TVアシスタント等モデルとして活動を始める。卒業後、ラジオDJ、ナレーター、MCの仕事をスタート。1981年からは六本木のライブ・ハウス「KENTOS」のヴォーカリストとして週6日、1日4ステージを6時間務めた。1988年、J-WAVE開局と同時に同局のDJに起用される。2004年7月まで同局で様々なレギュラー・プログラムの他、ホリデー・スペシャルやイベントの司会を担当する。
続きはコチラ



ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016詳細はコチラから



ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016


>>>ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016の購入価格は税込で「1123円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016を勧める理由

ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016を楽しむのにいいのではないでしょうか。


長く続く漫画は複数冊をまとめて購入しなければならないため、先ず初めに無料漫画で試し読みするという人が少なくありません。やっぱりその場ですぐに漫画を買うのは難しいのでしょう。
「電車やバスに乗っていて漫画本を広げるのは気が引ける」と言われる方でも、スマホ本体に漫画を入れることができれば、人目を気に掛ける必要が皆無になります。こうしたところがBookLive「ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016」が人気を博している理由です。
コミックが好きなら、コミックサイトが一押しです。買うときの決済も非常に簡単ですし、最新コミックを買いたいということで、いちいちショップに出かけて行って事前予約を入れることも必要なくなります。
使用する人が増えていると言われているのが昨今のBookLive「ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016」です。スマホで漫画をダウンロードすることができるため、面倒な思いをして書物を持ち運ぶことも不要で、手持ちの荷物が軽減できます。
CDを軽く聞いてから買い求めるように、漫画も試し読みしてから買うのが当たり前のことのようになってきたように思われます。無料コミックを上手に利用して、読みたかったコミックを調べてみてはいかがですか?




ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016の情報概要

                    
作品名 ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016
ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016ジャンル 本・雑誌・コミック
ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016詳細 ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016(コチラクリック)
ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016価格(税込) 1123円
獲得Tポイント ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


このページの先頭へ